参観日

参観日で今回は家庭科で裁縫でした。

まず基本の「玉止め」「玉結び」。

確かにこれができないと話にならないからねー。

今はパソコンで黒板に投影して、YouTubeみたいな動画で説明。

「一瞬だからちゃんと見ておいてよー!」と先生。

確かに実際にやってみるよりも、大きく分かりやすいかもね。

最近はこんな風になってるんだなーって感心しちゃいました。

風水金運財布

風水では、金運のある財布に関する情報がありますよね。
たとえば、春財布という財布が金運アップにいいものとされています。
春は「張る」ということから財布が膨らむほどお金が入るというところから。
長財布を選ぶほうがよく、それはお金に長くいてもらうため。
新しく財布を買ったら最初はなるべく沢山のお金を入れて保管する。
その金額を記憶して常にその位のお金を維持してくれるとのこと。
あとはあんまりクレジットカードをいれるのもやめたほうがいいかな、
新しく財布買おうと思ってるんで、風水金運財布きちんと選んで、
少しでもお金の運を自分のものにしていきたいですからね。

キャッシングの増額

クレジットカードを契約するとほどなくしてクレジットカード会社から
ダイレクトメールが届きます。
開封しなくてもわかります、クレジットカードのキャッシングの増額のご案内です。
大抵は50万円まで増額できますよ、という案内ですね。
今までは特に必要もないのでそのままシュレッダー行きだったんです。
でも最近友達から聞いた話なんですが、クレジットカードのキャッシングって
海外ではとても便利なんだそうです。
海外に居るときに現金が必要になった場合はクレジットカードのキャッシングをしていると友達が言っていました。
私は今までは海外は旅行でしか行ったことがなかったので必要な分の現金は現地の通貨に変えて持って行っていましたし、クレジットカードで払えるところはクレジットカードで払っていたので特に困ったことがなかったんです。
でも最近主人もちょこちょtこ海外出張に行くことが多くなってきたんです。
いざという時にのためにクレジットカードのキャッシング枠は増額しておいたほうがいいよと友達に言われました。
クレジットカードのキャッシングは国内だけじゃなくて海外でも使えるって初めて知りました!しかもATMで現地の通貨でお金を引き出せるらしく、レートもそちらの方が少しお得だとか。なるほどです。

こっそりキャッシング

奥さんに内緒でクレジットカードでキャッシングをしてしまった。
旦那さんに内緒でカードローンの契約をしてしまった。
こんな人は世の中にたくさんいると思うんです。
奥さんや旦那さんに相談してキャッシングやカードローンをする人は少ないんじゃないかな?旦那に内緒でお金を借りる.com
http://xn--t8jxcl0kf4b2164bzlcq43e18zc3i3by7c.com/
相談できないからこそキャッシングやカードローンをするんでしょうね。
クレジットカードのキャッシングだとクレジットカードの明細が郵送で届いてしまうと、その郵便を受けとった奥さんが明細を見てしまいますよね。
そうなるとこっそりキャッシングwebsiteしたつもりが全部バレてしまいます。
そんなことにならないようにするには、クレジットカードの明細を郵送ではなくて、WEB明細に切り替えるといいんです。
今の時代はいろんな明細はほとんどがWEB明細に変更になってきています。
WEB明細だとパスワードを入力してログインするので、パスワードさえ奥さんに
教えなければ、明細を勝手に見られてしまうことはありません。
ただ、かたくなに明細を見せるのを拒むと怪しまれるとは思いますが(笑)
カードローンの契約でもインターネットで申し込んだ場合はカードローン用の
カードは郵送で送られてきます。
郵便物を見られる危険性がある場合は、無人契約機で発見するか店頭で発券してもらうといいでしょう。

クレジットカードとキャンペーン

最近はどのクレジットカード会社も特徴や特典が似ているので、新規で入会する際はどうしてもキャンペーンなどのプラスアルファが無いと、なかなか新しくクレジットカードを作る気になれません。
ポイント率はどこの会社も似たり寄ったりですが、たまに新規で入会するとポイントを多く付けてくれたり、ギフト券をプレゼントしてくれるキャンペーンを実施しているので、そういう時にはつい入会してしまいます。
以前、ポイントのキャンペーンを実施している会社があり、いつも利用しているショッピングモールの買い物で利用できて便利だったので入会しました。
プレゼント分のポイントは数か月後に貰えるというもので、クレジットカード発行website後しばらく経過してからホームページでチェックしたら、ちゃんとポイントが付いていましたので、そのポイントを早速ネットショップで利用しました。
通常のポイント率だと、結構買い物をしなければ貰えないポイント数でしたので、とても得したような気持でした。
このようなキャンペーンの場合、ポイントを実際に貰えるまで時間がかかるので、すぐにポイントを使いたい方には不向きですが、後々ポイントを利用する予定がある方やあまり急がない方には嬉しい特典ですので、どの会社でクレジットカードを発行するか迷っている方は、キャンペーンや特典などを基準に選ぶといいかもしれません。

クレジットカードはキャッシュレス

クレジットカードはあると便利と聞いていたのでとりあえず社会人になるからということで学生の時に作りました。まだ経済感覚もあまり不安な面もあったのでそれほど使う機会は少なくかなり慎重になっていたと思います。現金でも買える範囲で試しに使うという感じで買い物の時に少し使う程度でした。比較的しっかりと使った金額を管理していたので引き落としの時に思った以上に使っていて驚いたり困ったりすることはなかったので、慣れてくると高熱水道費、電話料金などの公共料金の引き落としにクレジットカードを使うようになりました。引き落とし口座にある程度余裕を持たせて一定額を確保しておけば大丈夫だというのが分かってきました。そのうちインターネット通販などでもクレジットカード決済のほうが便利であるということや、クレジットカードのポイントで特典があるので貯めて利用するというのもあったので少しずつ使用範囲が広がっていきました。特に海外旅行に行くときはホテルや航空券のチケットの予約などクレジットカードを使ってそのまま支払いをしたりしてキャッシュレスで便利だと実感しました。最近ではスーパーでも使える用になったようなので普段の食料品や日用品の支払いにも使ってみようと思っています。

クレジットカードでポイントをゲット

私はクレジットカードを日々使うように心がけていますが、その時に最も注意する点はポイントを多く獲得することです。

クレジットカードの明細が毎月送られてきますが、その明細と一緒にポイントが高くなるキャンペーンの詳細が記載されたチラシが一緒に入っています。そのようなキャンペーンを追いかけることもあれば、普通のショッピングセンターのチラシなどを見て、お買い得情報を見つけることもあります。

両方がピッタリとあったこともあり、その時にはクレジットカードで多くの商品を購入するのです。

良く考えてみると、現金で購入するのと、クレジットカードを使うのとでは支払う金額は全く同じです。しかし、カードで決済することにより、現金の時では受け取ることのできないポイントが加算されます。

このポイントの積み重ねで、高級な肉やお酒や旅行券などがゲットできるので、現金で支払いをすると僅かばかり損をしてるということになります。

その事が分かってから、給油所だけでなく、レストランや書店などでもクレジットカードを提示するようにしています。特に本はディスカウントすることがないので、クレジットカードでポイントをゲットしていくことは必要のことだと思います。

何枚ものクレジットカードを持っています

私は何枚ものクレジットカードを持っています。これらはどれも同じ大きさなので、収納するのにとても助かっているのです。
たまにありますが、大きさの違うポイントカードなどは収納にとても困るのです。でもこのクレジットカードは、どれも同じ大きさなのです。
私の変わった形の財布にも、ぴったりと合っているので嬉しいです。今まで何回もクレジットカードを落とした事があります。でもどれもちゃんと見つかったのです。
何回もどうしようと思いましたが、近所に落ちていたり誰かが拾ってくれたりしていました。だからとても助かっていたのです。
そして今の財布に入れていると、絶対に落ちる事はありません。そのために、この財布を買ったのです。
茶色で長財布です。カード入れがとても多いので、一枚一枚ちゃんと収納する事もできるのです。私は今の財布がとても気に入っているのです。
でも両親によく怒られるのです。それはそんなにもたくさんクレジットカードを持っているから、何回も落とすのだとよく怒られます。
でも持っていないととても不安な気持ちになるのです。できれば十枚くらいクレジットカードを持っていたいくらいなのです。でもそれはいきすぎなので、抑えているのです。

クレジットカードがあって助かった

2週間ほど前、クレジットカードがあって助かったと思ったことがありました。そのとき、私はどうしても欲しかったゲームソフトを現金で購入しました。すると、財布の中には100円ちょっとしか残っておらず、ほぼ一文無しと言って良い状態になりました。

それから、しばらく散歩をしたのですが、いつものように夕飯の食材を買うためにスーパーマーケットへと立ち寄りました。いろいろとカートに商品を入れていざレジに向かうと、お会計は2000円ちょっとでした。私は現金を出そうと財布を見たのですが、ゲームソフトを買っていたので現金がほとんどないことに改めて気付きました。

訝しがる店員の視線が私を焦らせたのですが、財布に忍ばせていた1枚のクレジットカードが私を救いました。私はクレジットカードを店員に手渡し、何とかその場でトラブルになることなくお会計を済ませることができました。もしもクレジットカードを所持していなかったら、商品を買うことなくその場を立ち去ることになり、かなり恥ずかしい思いをしていたはずです。

普段は現金の利用が多い私ですが、そのときばかりはクレジットカードにとても助けられました。ですので、クレジットカードはやはり必要だと私は思っています。

初めてクレジットカードを持ったのは

私が初めてクレジットカードを持ったのは、学生の頃でした。
当時はアルバイトしかしていなかった学生だったのですが、インターネットでのショッピングを便利にしたかったことや、クレジットカードという存在自体になんとなく漠然とした憧れがあったことからクレジットカードを申し込んだのです。
私はお店でカードを申し込んだわけでは無く、信販系のクレジットカードだったこともあってカード会社のホームページからWEBにてお申し込みをしました。
最近はインターネットからクレジットカードを簡単に申し込める時代になっているので、本当に便利です。
クレジットカードの審査は受かるまで本当に不安だったのですが、カードを申し込んでから三日くらいで審査に受かったとメールが来て、無事にクレジットカードを発行できました。

受け取る際には、確か配達の人に本人確認の書類を見せて、本人であることをチェックされたような気がします。
クレジットカードを持ち始めてすぐは使い過ぎてしまって支払いに悪戦苦闘したこともありましたが、若かりし頃の過ちでした。
最近はすっかりクレジットカードの使い方も分かってきましたし、使い過ぎないように気を付けているので毎月の支払いもなんとか楽にこなせるようになりました。